【重要】2023年度 救急救命科 募集終了のお知らせ

湘南医療福祉専門学校

Blog深澤ブログ

深沢先生のブログ「Oriental Spirits #11」

2016年がスタートして、もう一カ月が経過してしまいました。
2月と言えば、そう!球春到来です!結局今年も「野球」が軸になる一年になりそうです。

私が、この仕事を始めたのも「野球」というスポーツに関わりたいから!という理由があったことは以前にもお伝えしました。
当初は、選手を諦めながらも結構な未練と戦いながらの仕事でしたが、選手の裏側で働くことの素晴らしさを体験し実感してしまうと、もうそんなくだらない考えは吹き飛んでいました。

だって、あまりにもレベルが高すぎて!自分の実力では、もし仮にプレーできても良い成績を続けて出していくことは正直難しいと感じたからです。私の考えとして「何事も最初から諦めるな!」というものがありますが、さすがにこればかりは「無理」です。(笑)

今現在は、ルートヴィガ―という治療院で鍼灸・あん摩・マッサージ・指圧師、柔道整復師、アスレティックトレーナーを抱え、一般の方からアスリートまで幅広く診させて頂いています。
さらに、野球だけでなくゴルフ、バスケット、陸上、テニス、サッカー等色々な競技の選手達と関わることができるこの環境が楽しくて仕方ありません。

それでも私は「やっぱり野球が好き」なのでしょう。今シーズンから始動することになった「女子野球」の企業チーム「ゼンコ―・ビームス」さんと関わることになりました。

近年、女子スポーツが世間を賑わすようになり、多くの競技で女子アスリートの存在が報道されるようになりました。
女子のプロスポーツで古くから選手が活躍している競技は、ゴルフ、テニス、卓球・・・などといったところでしょうか?

しかし、最近ではどちらかというとチームスポーツであるサッカーやラグビー、そして野球をプレーする選手が増えています。(バレーボールは古くからありますが、アマチュアでプレーしていた選手たちの数名がプロ契約したというものですね。)

それに一昔前の競技レベルよりも数段進歩していて、世界レベルで大会が開催されるようになっています。素晴らしい躍進ですね。
特に野球においては、以前なら女子は野球ではなくソフトボールという感じでしたが、今は野球に代わってきています。

埼玉県は、女子野球が盛んで高校に女子野球部がある学校が非常に多いようです。
今回我々が関わらせていただく「ゼンコ―・ビームス」さんも、本社が埼玉県にあり、プロ契約の選手数名といわゆる社会人野球同様に会社に就職し野球部に所属する選手たちとで、構成されているチームです。
私にとっても初めての女子野球ですが、同じ野球を愛する者同士、楽しみながら苦しんで行こうと思います。

昨年14年振りにリーグ優勝した、スワローズの動向も、ドジャースに入団した前田選手も、将来が楽しみな日本ハムの大谷選手も気になりますが、プロ野球とメジャーリーグに負けないよう女子野球チーム「ゼンコ―・ビームス」のサポートがしっかりできるよう努力していきます。

シーズン終了時には、良い報告ができると良いのですが(笑)

しかし、今後の「日本ハム・大谷選手」・・・どうなっていくのでしょうか?個人的には、一年でも早くメジャーに移籍して欲しいと思っています。
そのためにも、投手一本でお願いしたい!切に願います。(笑)160キロのスピードボールを投げられる選手なんて、そんなにたくさんいないのですから!

良く「日本で活躍した選手がアメリカに流出することを防ぐべきだ」という意見を耳にしますが、私はそうは思いません。
むしろ、日本のみならず、海外で活躍できる選手をどんどん輩出して、その選手たちがメジャーで結果を出してまた日本に戻り、さらに日本のプロ野球のレベルを上げていくことの方が、日本にとって必要なことだと思っています。

現在のように、メジャーで成績を残せなくて戻ってくるのではなく、結果を出して戻ってこられるように仕向けるべきだと思います。そういう点からみても、大谷選手には頑張ってもらいたいですね!
  • オープンキャンパス
  • 資料請求