湘南医療福祉専門学校

News新着情報

深沢先生のブログ「Oriental Spirits #10」

新年明けまして、おめでとうございます。2016年が始まりました!
今年、国家試験を受けられる皆さん、勝負の時です!だからと言って意気込み過ぎず、平常心で臨んで下さい!

さて、今年は一体どんな年になるのでしょうか?

私の意気込みとしては「さらにアグレッシブに!」をテーマにしたいと考えています。プライベートでも仕事でもです。
今現在の仕事場ルートヴィガ―もこの3月で10周年を迎えます。10年という括りが長いのか短いのかわかりません。しかし、10年継続できたことを誇りに思います。

先日、今の世の中で起業して10年を迎えられない割合が93.6%という数字が掲載されているニュースを見ました。つまり我々は6.4%という確率の中に入れたということになります。
この少ない確率の中に入れた要因としては「常に基本に忠実に」「常にアグレッシブな姿勢でいる」「常に初心を」「常に目配り・気配り」というテーマを「継続」してきた結果ではないか?と受け止めています。

今まで、このブログ内でもしつこいほどに書かせてもらってきましたが、東洋医学などの医学的な知識を学び身に付けることによって、自分が偉くなったような錯覚に陥り傲慢になってしますケースが多々あると…

私自身も最初から全てが上手くできていたわけではありませんし、今現在も上手くできているとは思っていません。しかし、絶対に基本だけは忘れまいとする姿勢を継続してきたことだけは胸を張れます。
継続させることの難しさ・大変さを、身をもって感じてきたからこその想いなのですが。

周りに流される、世の中に流される、この流れに巻き込まれないことが、人生にとってとても重要なポイントなのだと思います。人間の心ってとても弱いと思うので、すぐに隣の芝が青く見えてしまいますが、周りから見ると自分の芝も青く見えているのだと思います。

東洋医学の知識も技術も、他人の方が良く見えることも多々あるでしょう。しかし、表面だけをみていたのでは駄目です。内面を理解し認識し判断できる目を持つことが大切です。そういった目を持つために「基本」が重要なんです。
自分の中の基本から逸れることなく、良いものは吸収する素直な気持ちが必要ですね。

自分が一番という頑固な考えではありませんので注意して下さい。そして、自分の成長の為には「患者さんを一番に考える」ことが最も重要なポイントです。人の為にと思って努力すると、思っている以上にレベル・スキルアップできるものです。
その想い、行動が信頼関係に育っていくからです。

自分がこの道で生きていくモチベーションとして、稼ぎたい、良い生活を送れるようになりたいというものがあっても良いでしょう!それは働くための動機づけですから!

でも、この東洋医学の世界で継続して働いていくためにはやはり、基本を大切にして正しいものを見抜く力をつけ、人の為に努力を惜しまない気持が必要だということだけは理解してもらいたいと思います。

今年国試を受け合格するであろう皆さんには、この意味を絶対に忘れず認識して欲しいと願います。国試に合格することは、とても簡単なことではありません。
しかし、皆さんは国試に合格して終わりでは無いのです。そこからが始まりであり、そこからさらに日々精進していくことの方が大切です。

プロ野球の世界で活躍出来る人と出来なかった人との差は何か?そのうちの一つとして良くこんなことが言われています。
「プロ野球の選手になったからこそ、一年でも長くファンに良いプレー、プロフェッショナルなプレーを見せよう」と考え努力を惜しまないで継続できている選手と「プロ野球の選手になれたことに満足してしまって、プロ野球選手というプライドしか考えない」そのためファンのために努力できなかった選手との違いだ!

つまりは、どの世界においても「自分の足元を見つめ」人のために努力できる人が、将来的に活躍する人物になれるのだと私は思います。私はこの世界で有名になりたいという想いはありません。
しかし、目の前にいる患者様に笑顔になってもらいたいとだけいつも思っています。

だから患者様のためにアグレッシブに攻めていきたいのです!
そしてプライベートでは、さらにゴルフに熱中していこうと思っています!
  • オープンキャンパス
  • 資料請求