深澤先生のブログ「夢に向かって#11」を更新しました!

2020年02月05日(水)

私がこのブログを書かせて頂いてから、15年目になりました。そして、このブログを書かせて頂けるのも今回を含めて「あと2回」ということになります。元々は湘南医療福祉専門学校にあった「アスレティックトレーナー科」で始まったわけですが、特別講演なども担当させて頂きながら「スポーツ鍼灸」の授業や講演まで経験させていただき、今考えると感慨深いものが多くあります。

このブログのタイトル「夢に向かって」は、私にとっての夢のひとつである「世の中に色々な場面や環境で活躍できるトレーナーや治療家を育成したい」ということも含まれています。現在の職場である「ルートヴィガー」でも若いスタッフたちが多くを経験して、世の中で活躍できるようになって欲しいという願いを込めて活動しています。

その実際の現場に入る前に少しでも学生の皆さんが、世の中で活躍するという感覚を理解してもらえたら嬉しいと思って講師という仕事を引き受けさせていただいてきました。私が学校で教えられることは技術や知識といったものより、現場での体験を伝えることであり人としてどう考えどう行動していくか?ということだけだと思っています。

せっかくなので、もう少し私の夢を語ると「スポーツ選手たちのケガや故障をゼロにする」という究極の夢と、「若いトレーナーや治療家を目指す人たちの後押しをする」という現実的なものがあります。現実的な夢は現在も実行中であり、これからも永遠の夢として進んでいきます。究極の夢は、特に野球選手がケガをせず最高のパフォーマンスを発揮し続けられるようにサポートしていきたいということになります。

私自身は、野球選手として技術的にも未熟ではありましたが「肘や腰の故障」で、思う存分自分の求めるプレースタイルをやり抜くことができませんでした。そんな中で形は違うけど好きな野球という環境の中でプロ野球やメジャーリーグで働くことができたということ は、ある意味夢を達成できたと思っています。だって選手だったらプロ野球にもメジャーリーグにも行けてなかったわけですから(笑)

野球好きな私としては野球に絡む部分の夢は実現できたとはいえ、自分のような故障に泣く選手は出したくないのです。これはプロ野球選手に限られたことではなく少年野球、アマチュア野球と全ての野球をプレーしている選手たちに向けての想いです。そんな想いを実現させることは至難の業であるとも理解はしています。そんな難しいことだからこそ取り組んでいく価値があると思いませんか?

その夢の実現に向けて、現在色々なことを調べて研究しています。日頃はスポーツに関係なく一般の多くの方々に対して、健康維持や促進のための鍼灸治療やマッサージ、ストレッチ、エクササイズ指導などに携わらせて頂きながらも、一般の方々を健康に導くための考え方や手技がとても勉強になっています。スポーツの選手を診ていくということは、スポーツをしない人たちの体のことが理解できなければなりません。

何でもそうだと思いますが「基本が大事」だという考え方で取り組んでいます。可能な限り多くの人たちの体を診させてもらうから自分の引き出しが増えるのです。引き出しが増えれば対応の仕方も増えていきます。例えば同じ「肩痛」の人がいたとしたら、その痛み方や症状、発症機序は千差万別です。肩痛は同じでも内容は全て違います。だから色々な情報が欲しくなるわけです。

私自身の経験で、メジャーの選手が腰痛を訴えてきて「鍼治療」を希望されたことがありました。腰痛と言ってもいわゆる「筋筋膜性腰痛」であり疲労性の腰痛症なので、日本の選手が訴えてきた時と同様に施術しましたが全く何の変化も反応も出なかったことが続いたことがありました。その時の私の頭の中は「???」という感じでした。今までの経験や取り組み方に問題があるとは思えなかったのです。

それからというもの、私は「何故?効果が出せなかったのか」ということばかり考えていました。そして行き着いた答えが「日本人と外国人の体形や筋力、骨格、皮膚、感覚の違い」ということでした。極端に言えば解剖学からして違うのかも?ぐらいに考え、日本人に対して行う鍼治療のポイントを全て洗いなおして取り組んだ結果、ようやく効果を出すことができてその選手の腰痛が軽減し軽快していきました。

こんなことだけでも違いが出てくるのです。こういった経験はそのような現場に行かなくては体感できません。教科書の中の基本は大事なものですから、きちんと理解し把握して備えておかなくてはなりませんが、実際の現場ではその基本を踏まえて状態や状況にあった方法を選択して実践していく必要があるということです。こういった経験を若い人たちにも知って学んで欲しいと考えて、私の夢のひとつに向かっているわけです。

厳しい言い方をしますが、今皆さんが知っていることは東洋医学の世界においてのごく一部分に過ぎません。でもみんなそこから始まっているのです。だからより多くを経験する実行力を身に付けて欲しいと思います。そうすれば皆さんも世の中で活躍できる施術者になれますし、私の夢の一つも叶うことになります。結果「Win=Win」ですね!ということで、私もまだまだアグレッシブにいきますが皆さんも私以上に張り切っていってくださいね!
  • 個別見学